コンドームの様々な疑問にお答えします!

2020年05月14日

性感染症の予防や望まない妊娠を避けるためには、性交渉のときにコンドームを着用することが有効策になります。コンドームは主に男性が使用するものですが、女性も知識を深めておくと、使用時に役立つことがあります。コンドームにもいろいろな種類があって、製品によって厚さが異なることをご存知でしょうか。コンドームの中でも最も厚さがないのが0.01mmです。

0.01と聞くとかなり薄く、使用時に破れてしまう危険性が高いのではと不安になるでしょう。基本的に強度を考えて試行錯誤して作られているので、よほどのことがない限り破れる心配は少ないと言えます。しかし、どうしても心配な時はもう少し厚みのあるタイプもあるので、それを使った方が良さそうです。また、コンドームの大きさが異なることをご存知でしょうか。

男性の性器のサイズも個人差があるので、自分に合ったサイズを選ぶことが重要になります。サイズ展開は主にS、M、L、XLの4種類が一般的ですが、メーカーによってサイズの表記に多少誤差があります。男性は、サイズ表記を確認しながら、自分の性器を測定してみてピッタリと合うサイズを選ぶことをおすすめします。

大きさが合わないと、セックス中に外れてしまうなどリスクが高くなったり、装着に時間がかかってムードが台無しになったりするので、サイズ選びは慎重に行いましょう。コンドームは食品ではないため、使用期限がないと思っていないでしょうか。安全に使用するためには、使用期限を守ることが大切なのです。使用期限は、パッケージの部分に書かれています。使用期限を過ぎたコンドームを使っていると、劣化により破れやすくなるのでおすすめしません。

また、使用時に注意したいのがコンドームを装着する向きです。コンドームには表と裏があるので、裏表を間違えてしまうと適切に装着できなくなってしまいます。正しい向きで装着する基本は、素材の巻きに注目することです。表側は巻きが外側に向いているので、巻きの方向で裏表を判断することができます。

商品によっては表と裏が簡単にわかるように書かれているものがあります。使用に不安があるときは、こういった商品を使うのがおすすめです。また、避妊率も気になるところでしょう。コンドームを装着すると、避妊率は約9割前後になります。100%ではないので絶対に安心ということではありません。使い方を誤ってしまうと、避妊率は下がることを覚えておきましょう。